真っ赤な車体の車

超親水性とナノ被膜の特性

白いボディの車

カーコーティングを取り扱っている専門業者の中には、超親水性に優れるコーティングを取り扱っている専門業者が登場しています。
超親水性は雨などの水が車に付着するのを防ぐ効果があり、ウォータースポットなどの症状を車に発生させない効果を持っています。そのため車に施しておけば雨によって外装にウォータースポットが派生するのを防ぐことができ、イオンデポジットなどの障害も防ぐことができてとても便利です。ウォータースポットやイオンデポジットによって車の外見が汚くなってしまう場合は、超親水性を持つカーコーティングを施すことによって発生を防止できるようにしましょう。塗装の表面を綺麗に保つ効果を発揮してくれるので、ホコリや砂などの汚れなどもしっかり落とすことができて車の外装を綺麗に保つことが可能です。油などの汚れもしっかり落とすので、油などをよく利用することが多い所で車を運用する場合でも車が汚れる心配もありません。

車の塗装をより長持ちさせたい場合は、ナノ被膜を活用したカーコーティングを利用するのが最適となっています。
一般的なガラスコーティングなどを車に施すと、利用している間車の振動や温度によってコーティングが伸縮したり膨張したりするようになります。この時マイクロクラックが発生してしまうと塗装の部分にダメージを与えてしまい、塗装を守るどころか塗装自体に悪影響を与えてしまうことになります。なるべく塗装にダメージを与えないようにするにはナノ被膜を含むカーコーティングを実施するようにし、マイクロクラックの発生が起きないようにしましょう。ナノ被膜を持ったコーティングならば車の振動や温度の変化に柔軟に対応することができ、被膜が割れたり剥がれたりしないため塗装が傷つくのを防ぐことができます。その上汚れが付着するのをしっかり防ぐことができるので、綺麗な状態の外装を長く維持することが可能です。被膜の剥がれなどが気になる方はナノ被膜のコーティングを利用するようにし、塗装へのダメージを最小限に抑えられるようにしましょう。