親水性の物を選ぶ

綺麗な車体の車

自分の姿を確かめるために大切な鏡の中でもよく使うのがお風呂の鏡です。ただ、お風呂の鏡は曇りやすいという特徴があります。最近では曇らないよう工夫されている鏡もありますが、そのような鏡は高価のためできるだけ今の鏡の曇りを防ぎたいという人もいます。まず、お風呂の鏡が曇る原因を把握しておきましょう。お風呂は熱湯による湯気が鏡の表面に張り付くため起こります。また、鏡に触れてみると分かりますが、鏡そのものは冷たいのです。ただ、湯気やお風呂場は温かいためその温度差から曇ることがあります。それを防ぐためには、鏡の表面に湯気や水滴を防ぐための保護としてカバーをはりつけておくことが大切です。ただ、カバーといっても無色透明でないと意味はありません。

最近ではお風呂の鏡を曇らなくさせるための、曇り止め剤や曇り止めクリームもあります。どれもお風呂の鏡用の製品もありますが、最近では車に使われる曇り止め剤を使って鏡を保護する人も少なくありません。車の曇り止め剤は基本的に撥水性を持ったものが多いため、水を弾くことが可能です。ただ、車の曇り止め剤で鏡の曇りを防ぐなら、親水性のある曇り止め剤を使うことが大切です。親水性の曇り止め剤は水を弾くのではなく水がついても跡が残らないようになります。特に曇りを収めたいのなら、車のコーティングによく使われている親水性の強力な曇り止め剤を使うことも大切です。ただ、車本来に使われるのを目的とした曇り止め剤を使うと、鏡を痛めることもあるため気をつけましょう。